ジョンブル公式オンラインストア[全品送料無料]

カートボタン カートボタン

Johnbull-online store-

  • privatelabo
  • モノトヒト
  • attick by johnbull
  • makerhood
  • dressages

BLOG

BLOG

理想のブルーの裏方-Attick by Johnbull-

こんにちは、恩賀です。
朝晩は冷え込むようになってきましたね。
皆様は体調を崩されたりしてませんでしょうか。

さて、本日は理想のブルーの裏方のお話です。



一言にユーズド加工といいましても様々な加工方法があり、そこに様々な生地が複雑に絡み合ってきます。
洗う前の生地を見てその生地がどのように色落ちしてゆくのかを判断する、これって相当に難しく判断間違ってしまうとイメージと全く違ったものが出来上がってしまいます。

ですのでサンプルを作る前には数種類ピックアップした候補の生地を使って加工試験をします。
試験方法は候補生地で筒状の物を縫って作ります。
この際にパンツを想定してポケットを付けたり裾をイメージして縫ったりと、出来上がりが想像しやすいようにしておきます。
それを工場様と打ち合わせして内容を決め加工してもらいます。



ダメージ加工の場合はそこもその筒に施して完成形を想像します。
生地が数種類、加工方法を変えて数種類と一度の試験で結構な枚数の筒を作ります。

そこから理想とするブルーに出会えれば良いのですがなかなか理想のブルーは現れなかったりします。
そうなると再度生地のピックアップからやり直しとなってしまいます。
ですのでワンシーズンで大量の筒が出来上がっていくのです。

もちろん毎回同じことを繰り返していては全く学習ができていないということになりますので、毎回毎回結果の検証をし、次回の試験に活かすようにしていきます。
それをもう20年近く続けてきた今では大体一発で生地のピックアップができるようになってきました。
というか、洗い後を想定した生地を作れるようになったといいますか。
それでもやはり年間にたくさんの筒が出来上がってしまいます。

そんな筒たち、もちろん廃棄するのはもったいないので、時折制作する限定のリペア加工のジーンズやお客様から依頼のあったお直しで使うようにしています。
そんな理想のブルーの裏方は幾重もの役割がありいとおしい存在なのです。

それでは皆様良い一日をお過ごしください。

◆Attickオンラインストアはこちら

是非チェックしてみて下さい。



[online store] http://www.privatelabo.jp
[Attick by Jonbull 公式HP] https://www.privatelabo.jp/ext/attick.html
[Attick by Johnbull Instagram] https://www.instagram.com/attickby_/
[公式facebook]https://www.facebook.com/AttickbyJohnbull/
[公式twitter] https://twitter.com/Johnbull_online
[公式Pintrest] https://www.pinterest.jp/Johnbullonline/

RECOMMEND NEWS

その他おすすめのニュース