ジョンブル公式オンラインストア[11,000円(税込)以上ご購入の方は送料無料]
ジョンブル公式オンラインストア[全品送料無料]

FEATURE

FEATURE

ジョンブルを生み出すヒトビトの素顔 ー JOHNBULL DENIM CLUB ー

JOHNBULL代表取締役社長 塚田裕介 × 古着屋「Swell Vintage」オーナー山本めぐみ

JOHNBULL DENIM CLUB
ジョンブルをあらゆる側面から紹介するファッションと、デニムに特化した、こだわりのマガジン「JOHNBULL DENIM CLUB」が初リリース!

JOHNBULL今いち推しのデニムのスタイリングや、ジョンブルと関わりのある様々な方々のパーソナルスタイルの紹介、インタビュー、シーズンルック、デニムに纏わる必読コンテンツが満載!
マガジンは数量限定でリリースされます。ぜひお近くの店舗にお越しください。

各店舗のリリース日程:
4/20 配布: 表参道店、二子玉川店、渋谷店
4/21 配布: 新潟店、京都店、神戸店、なんば店、ルクアイーレ店、グランフロント大阪店
4/22 配布: 札幌店、岡山店、博多店

今回は「JOHNBULL DENIM CLUB」マガジンから「ジョンブルを生み出すヒトビトの素顔」ページを抜粋してWEBでもご紹介。
ジョンブルをつくっている人ってどんな人?という素朴なギモンにお答えして、今回は普段は表に出ない裏の立役者の姿にフューチャー!社長にデザイナー、カメラマンからスタイリストまで、あれこれ話を聞きました!




JOHNBULL代表取締役社長 塚田裕介 × 古着屋「Swell Vintage(スウェル ヴィンテージ)」オーナー山本めぐみ
一緒に仕事をする仲でありながら、ともにヴィンテージ好きの2人。互いの古着好きのきっかけやお気に入りのデニムについて談義しました。

- サイズが合う古着は貴重!何本あっても〝買い〞

塚田(以下T) 僕が会社を引き継いだ4年前から、メグさんにはお世話になってます。ジョンブルとメグさんのコラボ商品も毎回すごく好評。今日もかっこいいデニムはいてますね。どこのですか?

山本(以下Y)これは古着屋で買いました。前の人がカスタムしてるのが面白くて。ウエスト部分を自分サイズにカスタムしたかったのか、デザインもサイズもバラバラなボタンを、いくつも縫い付けちゃってるんですよ!もとは結構いいリーバイス®なのに、こんなふうにしちゃっていいの?って(笑)。はいてみたらサイズがピッタリで即決でした。

T サイズが合うと高くても買っちゃいますよね。「これは自分のものだな!」と。我が家には80年代のリーバイス®のブラックデニムがたくさんあるんだけど、いいものに出会うとまた買っちゃうんだよね。自分の定番だから、必需品。自宅とは別に倉庫にもストックしているから、もうトータル何本あるかわかんない。

Y 古着だともう古いデニムは見つけづらくなってきていて、買い付けで見るのはサイズが大きいものばかり。その点、ジョンブルのパンツは本格仕様で、サイジングがいいからうれしい!



- 20代で出会った古着からヴィンテージ沼へ

Y そもそも、塚田さんがヴィンテージを好きになったきっかけって何ですか?

T 最初は雑貨が好きだったんですよ。アメリカに買い付けに行く仕事をしていて、そこでヴィンテージの雑貨に出会って。そこからデニムを好きになっていった感じですね。

Y 特に気に入ってるものとかありますか?

T 80年代後半から90年代中盤頃に生産された、ポロ ラルフ ローレンのデニムジャケット。一般にはヴィンテージって言えない時代のものですけど。僕のヴィンテージ感って、おそらく少し歪んでるんですよね。

Y イレギュラーな逸品が好きっていうイメージがありますよ。

T そうそう。一見普通っぽいけど、市場ではあんまり売られてないみたいなものが好き。このデニムジャケットも、当時ラルフローレンが、全米でのセールス用に100枚だけ作ったもの。

Y 100枚! レアですね〜。私は初めて買った古着がリーバイス®の501®でしたね。でも高校生だったので、まだヴィンテージが何かわかってなくて。その頃はレギュラーの古着をたくさん買ってました。



 

- ハイブリット好きはジョンブルのものづくりにも影響

T 僕らの時代はアメカジブーム真っ盛りだったよね。

Y 渋カジ、流行りましたよね〜。渋谷が聖地だった。

T うちは両親がラルフ ローレンが大好きで。物心つく前からシャツやパンツなど着せられてました。だから意識はしてないのに、渋カジをやってたことになるんだけど(笑)。

Y うらやましい(笑)。

T 当時はアメカジも好きだったけど、ヨーロッパっぽい着こなしも好きでしたね。501®でいかにヨーロッパっぽく着るか、みたいなことをやってました。

Y 塚田さんはハイブリットなものが好きですよね。何かと何かを掛け合わせるみたいな。

T そうかも。中学で音楽にハマったんだけど、好きだったのが「アンスラックス」ってバンド。ヒップホップとヘビメタを融合させた音楽をやってたんだよね。

Y 何かひとつだけじゃなく、ミックスするのがいいっていうのは、ジョンブルのものづくりにも影響してそうですね。

T センスのいいことはやりたいんだけど、クセのあるものは作りたくない。ベーシックな名品を作りたいんですよ。だから色落ちとか加工とかはもちろん大事だけれど、一番はサイジング。ミリ単位で調整してバランス良く仕上げてますね。




Yusuke Tsukada
東京生まれ。靴の卸業者を経て、ベイクルーズではブランドの立ち上げ、バイヤー、取締役に。パルでのゼネラルマネージャーとしての勤務の後、2019年よりジョンブルの代表取締役。愛用品はストック買い必須の服好き。

Megumi Yamamoto
ヴィンテージ好きから絶大な支持を集めている、原宿の「Swell Vintage」のオーナー。古着販売にとどまらず、ブランドとのコラボレーションやオリジナル商品のデザインなど、幅広く活動中。
Instagram : @meg_swellvtg





JOHNBULL DENIM CLUB についてはこちら


HOLIDAY with DENIM

RELATED FEATURE

関連している特集

NEW

JOHNBULLウィメンズから、夏にぴったりなミリタリーアイ...

NEW

本格的に始まる夏に向けてJOHNBULL各店にはTシャツも続...

今回の特集では定番から個性派まで豊富なバリエーションを誇るミ...

JOHNBULL DENIM CLUB ジョンブルをあらゆ...

GWが明けて日差しの心地よい季候となり、新しいスタイリングが...

JOHNBULL DENIM CLUB ジョンブルをあらゆ...

RECOMMEND NEWS

その他おすすめのニュース